コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤十字国際委員会 せきじゅうじこくさいいいんかいInternational Committee of the Red Cross; ICRC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤十字国際委員会
せきじゅうじこくさいいいんかい
International Committee of the Red Cross; ICRC

1863年の国際会議開催を呼びかけたいわゆる「赤十字創立五人委員会」が母体となり,64年のジュネーブ条約で正式に発足した委員会。国際赤十字の常設機関の1つ。委員会は 25人以内の委員で構成され,公平を保つため,委員は永世中立国スイスの国民に限られている。本部はジュネーブ。赤十字の基本原則を守り,赤十字社の承認,戦時における政府間,各国赤十字社間の意思疎通の仲介,非戦闘員の戦争犠牲者に対する救済,戦争犠牲者の保護と救済に関する条約の改善などに努力している。 1917年,44年,63年にノーベル平和賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せきじゅうじ‐こくさいいいんかい〔セキジフジコクサイヰヰンクワイ〕【赤十字国際委員会】

International Committee of the Red Cross》戦時などに、ジュネーブ条約遵守の監視、傷病者の保護・救済などを行う民間組織。15人から25人のスイス人によって構成され、国際赤十字活動の本部的役割を果たす。1863年設立。本部はジュネーブ。ICRC

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤十字国際委員会【せきじゅうじこくさいいいんかい】

国際赤十字

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せきじゅうじこくさいいいんかい【赤十字国際委員会】

戦時などにジュネーブ条約の遵守を監視し、国際的な救護活動の中心となる組織。委員はすべてスイス人。1863年設立。本部ジュネーブ。 ICRC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤十字国際委員会
せきじゅうじこくさいいいんかい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤十字国際委員会の言及

【赤十字】より

…国際組織と各国の国内組織とがある。国際赤十字International Red Crossとは後出の赤十字国際委員会,赤十字社連盟,各国赤十字社の総称である。1996年現在,赤十字加盟国(赤十字国際委員会の承認を受けている国)は170ヵ国である。…

※「赤十字国際委員会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤十字国際委員会の関連キーワードジュノー(Marcel Junod)ピエール クレヘンビュール地雷禁止国際キャンペーン国際赤十字・赤新月社連盟クラスター弾に関する条約マルセル・ジュノー博士対人地雷全面禁止条約マルセル ジュノージュノー マルセルナイチンゲール記章国連オブザーバーミシェル ミニグオブザーバー機構オスロプロセス赤十字と核兵器カチンの森事件日本赤十字社オブザーバー対日講和条約国際人道法

赤十字国際委員会の関連情報