コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューンブライド じゅーんぶらいどJune bride

知恵蔵の解説

ジューンブライド

直訳すると6月の結婚で、俗に6月に結婚式を挙げることをいう。欧米では6月に結婚すると幸せになれるといわれており、日本でも数十年前から取り入れられるようになった。その由来には様々な説がある。一つは結婚をつかさどる女神である、ギリシャ神話のヘラ(ローマ名はユノ、英語名ではJuno)が、6月を守護しているからというもの。ヘラは主神ゼウスの妻で、家庭・女性・子どもの守護神。英語のJune(6月)は、ヘラが6月を守護しているゆえの命名であり、ヘラの祭礼も6月1日に行われていた。そのため、6月に結婚式をするとヘラの加護で幸せになれるといういわれがある。
もう一つは、ヨーロッパでは気候が良いからというもの。6月は、長い冬が明けて花が咲き始める時季で、世間一般に開放的で明るいムードが漂う。雨が少なく気候も安定しており、復活祭など各地で祭事が行われることも多いため、相乗効果でより祝福のムードが盛り上がる。
このほか、その昔ヨーロッパでは3~5月には農作業で多忙なため結婚が禁じられており、6月に挙式する人が多かったから広まったという説もある。
日本では1967年~68年に、ホテル業界やブライダル業界が売り上げ向上を狙ってジューンブライドを打ち出したのがきっかけといわれている。日本の6月は梅雨の時期で、雨が多く多湿なことに加え、当時の婚礼を挙げる施設では空調設備などが整っていなかったため、挙式をする人が少なかった。そのため、ブライダル業界が6月にも挙式するカップルが増えるよう、ジューンブライドの言い伝えを広めたとされている。当初は、あまり効果が上がらなかったようだが、近年では空調設備が整い、室内での演出も豊富になってきたことから、ジューンブライドが浸透していった。なお、厚生労働省の統計では、2010年時点で、6月の挙式はそれほど多くないという統計が出ている。

(富岡亜紀子  ライター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジューン‐ブライド(June bride)

6月の花嫁。6月はローマ神話の女神で結婚と女性の守護神ユノージュノー)の月とされ、この月に結婚する女性は幸福になると伝えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ジューンブライド【June bride】

六月の花嫁の意。六月は家庭の守護神ジュノーの月であることから、西洋では六月に結婚した女性は幸福になれるとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ジューンブライドの関連キーワードジューン・ブライドプロポーズの日佐藤太三夫坂井寿美江本間憲一上原風馬北見誠

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジューンブライドの関連情報