ジョン タトゥーロ

現代外国人名録2016の解説

ジョン タトゥーロ
John Turturro

職業・肩書
俳優,映画監督

国籍
米国

生年月日
1957年2月28日

出生地
ニューヨーク市ブルックリン

学歴
ニューヨーク州立大学,エール大学大学院演劇科修了

受賞
オビー賞(1984〜85年度)「Danny and the Deep Blue Sea」,シアター・ワールド賞(1984〜85年度),カンヌ国際映画祭主演男優賞(第44回)〔1991年〕「バートン・フィンク」,カンヌ国際映画祭新人監督賞(第45回)〔1992年〕「マック」

経歴
1984年「セールスマンの死」でブロードウェイにデビュー。舞台俳優として活躍後、’89年スパイク・リー監督の「ドゥ・ザ・ライト・シング」、’90年同「モ・ベター・ブルース」などに出演。’91年同監督の「ジャングル・フィーバー」できめ細やかな演技を見せ、批評家の絶賛を浴び、コーエン兄弟の「バートン・フィンク」(’91年)ではカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。ゆがんだ笑顔、作品ごとに変わる奇妙な髪形、人好きのしない役を好む性格でハリウッドの大作に背を向ける個性派スター。また、映画監督も務め、’92年「マック」でカンヌ国際映画祭新人監督賞(カメラ・ドール)を受賞。他の出演作に「ファイブ・コーナーズ」「ミラーズ・クロッシング」「クイズ・ショウ」「クロッカーズ」「ビッグ・リボウスキ」「ラウンダーズ」「クレイドル・ウィル・ロック」「オー・ブラザー!」「愛のエチュード」、「シークレット・パッセージ」「シークレット・ウィンドー」(2004年)、「グッド・シェパード」(2006年)、「Transformers:Revenge of the Fallen」(2009年)、「Transformers:Dark of the Moon」(2011年)、監督作品に「天井棧敷のみだらな人々」、「コラテラル・ダメージ」(2001年)、「Romance and Cigarettes」(2005年)、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」(2014年,脚本・出演も)など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android