ジョージ オールチン(英語表記)George Allchin

20世紀西洋人名事典「ジョージ オールチン」の解説

ジョージ オールチン
George Allchin


1852.1.10 - 1935.11.21
米国の宗教音楽家。
ロンドン生まれ。
1882年アメリカン・ボード外国宣教協会から派遣されて来日し、大阪を中心に布教活動を始める。音楽に親しみ、聖歌隊などを組織して指導を行う。また、1890年には、楽譜付きの「新選賛美歌」の音楽主査を務め、「賛美歌」の編集委員として楽譜編集を担当する。1900年には宣教師会議で「日本の賛美歌」と題した講演は日本語賛美歌創世期の貴重な記録となっている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android