ジョージ グリバス(英語表記)George Grivas

20世紀西洋人名事典の解説


1898.5.23 - 1974.1.27
キプロスの民族運動指導者。
キプロス生まれ。
第二次世界大戦中、ギリシア系陸軍将校として対ドイツ抵抗地下組織X機関を指導する。1951年マカリオスの招請でキプロスに戻り、ディゲニスという匿名を使い、ギリシア系民族主義エオカを指導し、’59年の対英独立に尽力した。’60年にキプロス国防軍司令官に任命されるが、ギリシアとの統合に強い拘りを持っていたため追放される。マカリオス大統領のエノシス路線に反発し’64年キプロスに戻り、武力による反政府活動を行う。’67年ギリシア政府に召還され’71年密かに帰国。地下ゲリラ組織エオカBを指導し、死の直前まで活動した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android