ジョージ・ワシントン ケーブル(英語表記)George Washington Cable

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・ワシントン ケーブル
George Washington Cable


1844 - 1925
米国の小説家。
ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。
南北戦争に従軍した後、同地の新聞や文芸誌などにスケッチや短編を発表。その時の代表作として「回想のクレオール」(1879年)、「グランジィシーム家の人々」(1880年)がある。その後南部白人社会を批判したため、南部にとどまることができず、1884年北部マサチューセッツ州に定住し、黒人問題のみならず、さまざまな社会改革運動に力を注いだ。その方面の著作としては、「沈黙の南部」(1885年)、「黒人問題」(1890年)などがある。フロリダ州セントピータズバーグで死亡。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android