ジロデ・トリオゾン(英語表記)Anne Louis Girodet‐Trioson

世界大百科事典 第2版の解説

ジロデ・トリオゾン【Anne Louis Girodet‐Trioson】

1767‐1824
フランス新古典主義の画家。モンタルジMontargis生れ。パリに出て医師トリオゾンのもとに同居し,のち養子となる。1785年ダビッドのアトリエに入り,89年にローマ賞を獲得してローマに留学,レオナルド・ダ・ビンチやコレッジョのスフマート(ぼかし技法)を研究する。帰国後は主題の上ではダビッドの歴史画を離れ,ロマン主義的主題の作品(《エンデュミオンの眠り》《オシアン》《アタラの埋葬》など)を多く手がける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android