コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフマート スフマート sfumato

3件 の用語解説(スフマートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフマート
スフマート
sfumato

絵画用語。「ぼかした」「蒸発した」という意のイタリア語。絵画技法で物体を包む空間の厚みを出すために画面輪郭線をぼかして描く法 (→キアーロスクーロ ) 。レオナルドダ・ビンチはこれを絵画芸術の本質の一つとみて重要視している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スフマート【sfumato[イタリア]】

〈空気に消えてゆく煙のように〉(レオナルド・ダ・ビンチ),画面の明るい部分からごく暗い部分まで,境界線なしに,徐々に変化する諧調をいう。〈煙〉を意味するイタリア語のフーモfumoに由来し,〈煙のかかった〉の意。L.B.アルベルティ《絵画論》において,輪郭(素描)が絵画の基本であるとしたが,これに対して,レオナルド・ダ・ビンチは,線によって把握できない諸現象の描写を絵画の本質と考えた。すなわち,スフマートの手法は,その本質に,空気遠近法によるアトモスフィアの描出と,色彩と光によって物体を認識する絵画的ビジョンを含んでおり,線描を基本とする構築的な古典主義に代わってバロック,あるいはロマン主義の絵画様式の端緒を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スフマート【sfumato】

絵画で、物体の輪郭を柔らかくぼかして描く技法。レオナルド=ダ=ビンチの創始と伝える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スフマートの関連キーワード露の身霧消煙の波下消え過行く熟れてゆく夏i/鏡に消えた殺人者いつか海に消え行くプレオナスタ岩レオナルド・ダ・ピサ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スフマートの関連情報