コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレッジョ コレッジョ Correggio

5件 の用語解説(コレッジョの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コレッジョ(Correggio)

[1489ころ~1534]イタリアルネサンス期の画家。本名、アントニオアレグリ(Antonio Allegri)。柔らかな色彩、明暗効果の強調、優美な官能性が特徴。バロック絵画の先駆者。作、パルマ大聖堂天井画など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コレッジョ

イタリア盛期ルネサンスの画家。本名アントニオ・アレグリAntonio Allegri。コレッジョ生れ。生地とパルマで活動。マンテーニャレオナルド・ダ・ビンチの感化を受け,作風は柔らかで微妙な明暗の効果と豊麗な色彩,独自の抒情性を特色とする。
→関連項目ドレスデン国立絵画館パルミジャニーノプリュードンボルゲーゼ美術館メングス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コレッジョ【Correggio】

1489ころ‐1534
イタリアの後期ルネサンスの画家。本名アントニオ・アレグリAntonio Allegri。エミリア地方のパルマ近郊コレッジョに生まれ,生涯の大部分をパルマで送った。その画業の形成は明らかではない。エミリア地方の文化的中心地マントバの巨匠マンテーニャミラノに残るレオナルド派,ベルガモに作品の多いロレンツォロットなど,16世紀初頭の北イタリア画派の折衷的様式と考えられるが,ティツィアーノジョルジョーネなどベネチア派の色彩にも深く影響されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コレッジョ【Correggio】

1489頃~1534) 〔本名 Antonio Allegri da Correggio〕 イタリアの画家。柔和で詩的な宗教画を描いた。パルマ大聖堂の天井画が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コレッジョ
これっじょ
Correggio
(1489ころ―1534)

イタリア盛期ルネサンスの画家。本名アントニオ・アレグリAntonio Allegri。通称は生地モデナ近郊のコレッジョに由来。初めモデナの画家フランチェスコ・デ・ビアンキ・フェッラーリに学んだのち、マントバに赴き、マンテーニャ、コスタドッソ・ドッシの芸術に接し感化を受ける。記録に残る最初の作品は1514年の『聖フランチェスコの聖母』(ドレスデン絵画館)で、すでにマンテーニャの堅固な造形性から脱却し、ラファエッロの調和に満ちた構図法やレオナルドダ・ビンチ柔らかいスフマートの技法に学び、独自の道を歩み始めている。18年以後活動の中心をパルマに移し、三つの重要な天井画制作に携わる。第一は聖パオロ僧院尼僧院長室の天井画(1518~19)で、神話主題による優雅で幻想的な装飾は、18年ごろと考えられているローマ旅行の成果に帰せられる。第二は聖ジョバンニ・エバンジェリスタ聖堂の円蓋(えんがい)装飾『栄光のキリスト』(1520~24)で、無限空間に浮遊するキリストの姿を仰ぎ見る大胆な短縮法で描いている。絵画空間と現実空間の連続性というイリュージョニズムの原理に基づいたバロック絵画の先駆をなすもので、イタリア絵画史上重要な作品である。第三はパルマ大聖堂の円蓋装飾『聖母被昇天』(1525~30)で、無数の天使・聖者が螺旋(らせん)状に配され、聖母が無限の天空に向かって上昇する幻想的な光景を描いている。前作よりさらに複雑なイリュージョニズムを追求したことにより、教会側から「カエルの足のシチュー」と酷評された。コレッジョは制作を中断し帰郷したため未完に終わったが、彼の円熟期の頂点にたつ作品として位置づけられる。同大聖堂の仕事の合間にも優れた祭壇画を描き、それぞれ「昼」「夜」と通称される『聖ヒエロニムスの聖母』(パルマ絵画館)と『羊飼いの礼拝』(ドレスデン絵画館)はその代表作である。彼の最後の画業は30~31年のマントバ公に依頼された「ゼウスの愛」を主題とする一連の官能的な作品『ダナエ』(ローマ、ボルゲーゼ美術館)、『イオ』(ウィーン美術史博物館)などである。彼の絵画は、崇高さよりも横溢(おういつ)する生の歓(よろこ)びの表現を求め、光の巧みな処理による微妙な明暗効果、柔らかな色調、対角線構図、人物の動勢表現、イリュージョニズムを駆使し、バロック絵画を予告しながら、甘美な幻想性、官能性に包まれた情感豊かな独自の作風を築き上げている。エミリア地方にその活動範囲は限られ、短命であったにもかかわらず、バロック絵画の先駆者の一人として17、18世紀のイタリア絵画に多大の影響を及ぼした。[三好 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコレッジョの言及

【パルマ】より

…現在は〈赤い公国〉といわれる革新市政である。 文化的伝統を有する町で,16世紀にはバロック絵画の先駆をなすコレッジョが活躍した。また,マニエリスムの画家パルミジャニーノは同市の出身である。…

【マントバ】より

…フランチェスコ2世(在位1484‐1519)の夫人イザベラ・デステは,ルネサンス期に活躍する女性の中でも最も魅力的な人物で,作家,芸術家に取り囲まれ,洗練された宮廷文化を繰り広げた。フェデリコ2世(在位1519‐40)は,神聖ローマ皇帝カール5世に献呈する〈ゼウスの愛の物語〉を扱った一連の作品をコレッジョ(1489‐1534)に委嘱。G.ロマーノ(1499ころ‐1546)には,幻想的な別荘(パラッツォ・デル・テ)の設計と内部装飾を委嘱し,さらに同市の都市計画も依頼し,ヨーロッパでも有数の整備された美しい都市とした。…

※「コレッジョ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コレッジョの関連キーワードキリストの復活ビチェンツァフィラレーテバッサーノイタリアンギルランダイヨANSAイタリアのハロルドイタリア料理の日チルネコ・デルエトナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone