コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシアン オシアンOssian

翻訳|Ossian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシアン
Ossian

アシーン Oisínともいう。ケルト族の伝説的戦士,詩人。彼が歌ったとされる英雄フィンとその部下たちの物語は,アイルランドスコットランドで 11~18世紀に形成された (原型は3世紀にまでさかのぼる) 。 1760~63年にスコットランドの詩人 J.マクファーソンがオシアンの詩の翻訳と称して (実はほとんど創作) 発表し,一躍有名になり,前期ロマン主義に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オシアン(Ossian)

3世紀ごろのアイルランドの伝説的詩人。その作とされるものが英国の詩人マクファーソン[1736~1796]により翻訳され、ヨーロッパ文壇に大きな反響を呼んだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オシアン

古代ケルトの伝説的詩人,英雄。Osianとも綴る。その父といわれるフィンなどの英雄を歌った叙事詩が伝わる。1765年にスコットランドの詩人J.マクファーソンがこれに基づいたとする英詩2巻を出版し,英独などのロマン派詩人に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オシアン【Ossian】

ケルト人の古歌。3世紀スコットランドの北部地方を支配していたフィンガル王の最後の生残りの王子オシアンが,一族の戦士たちの思い出を歌ったものといわれる。18世紀後半にスコットランドの詩人マクファーソンが英訳として《古歌の断章》(1760),《フィンガル》(1762),《テモラ》(1763)の3巻を出版したことによりヨーロッパ中に知られるようになった。北方の荒々しい自然を背景に繰り広げられる戦士たちの壮絶な死闘と,彼らを慕う娘たちの愛と死の歌物語は,フランスやイギリスのロマン主義運動に大きな影響を与えたが,ドイツではヘルダーの《オシアン書簡》(1773)によって真価が見いだされたあと,ゲーテの《若きウェルターの悩み》第2部の終りに,その一部がきわめて効果的な仕方で挿入されたことにより,不朽の生命を得ることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オシアン【Ossian】

三世紀頃のスコットランド高地およびアイルランドの伝説的詩人。多くの物語詩を書いたといわれる。アシーン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オシアン
おしあん
Ossian

3世紀ごろ、イギリスのスコットランド高地地方およびアイルランドに居住した古代ケルト人の英雄フィン(またはフィンガル)の子として生まれ、ターラの宮廷に仕えた勇者で、吟唱詩人として幾多の叙事詩をつくったといわれる伝説的な人物。18世紀に至って、スコットランドの詩人マクファーソンが、オシアンの詩をゲール語から散文詩風に英訳したものと称して、『スコットランド高地地方で集めゲール語から訳した古代詩集の断章』(1760)、『フィンガル』(1762)、『テモラ』(1763)の3編を発表した。さらに好評にこたえ、1765年にこれらを『オシアン作品集』として2巻にまとめるに及び、古代ケルト世界の醸し出すその縹渺(ひょうびょう)たるロマン的情調は、イギリスのみならず、ヨーロッパ各国語にも訳され、ワーズワース(ワーズワス)をはじめ、ゲーテ、ヘルダー、シラー、シャトーブリアンら、いわゆるロマン派の作家、詩人たちに大きな影響を与えた。
 しかし発表当時から、その真偽に関して論議があり、マクファーソンによる偽作とする説もかなり有力であったが、むしろ今日では、オシアン原作説はともかく、古代ケルト人の間に語り継がれた英雄叙事的主題をもとに、マクファーソン自身が英語、ゲール語両方にわたる知識を縦横に駆使して創作したものとみられている。20世紀において、詩人イェーツはアシーンOisinの名のもとにアイルランド文芸復興のシンボルとして歌っている。[上田和夫]
『中村徳三郎訳『オシァン――ケルト民族の古歌』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオシアンの言及

【ロマン主義】より

…ダビッドの弟子であったジロデ・トリオゾンの《大洪水》や,ドイツのフリードリヒの《希望号の難破》なども,同様の自然の恐ろしさを主題としたものである。また,ホメロスやオウィディウスなどのギリシア・ローマの文学的遺産に対して,北方の民族的伝説を歌い上げた《オシアン》は,アングル,ジロデ・トリオゾン,ジェラールなどに霊感を与え,ナポレオンのエジプト遠征(1798‐99)によって強められたオリエンタリズムは,グロの《ジャファのペスト患者を訪れるナポレオン》やアングルの《オダリスク》などの華やかな異国趣味の世界を生み出した。 しかしながら,これらの画家たちは,主題の扱い方においては新しいロマン主義的傾向を強く見せているが,表現様式においては,なお多くの点で,古典主義の伝統を受け継いだ新古典主義の枠内にあった。…

※「オシアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オシアンの関連キーワードジュコフスキー(Vasiliy Andreevich Zhukovskiy)チオシアン酸カリウム(データノート)シュトゥルム・ウント・ドラングアリルイソチオシアネートチオシアン酸カリウムコペルニクス(年譜)ザントマイヤー反応ジロデ・トリオゾンチオ硫酸ナトリウムカラシ油(芥子油)ミロン酸カリウムチェザロッティ塩素酸カリウムフィブロインアビルゴールチオシアン酸抗甲状腺物質ウェルタービュルガーシニグリン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android