コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第2番「幻想ソナタ」 嬰ト短調/piano solo Sonata for Piano No.2

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第2番「幻想ソナタ」 嬰ト短調/piano solo

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章である ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第2番「幻想ソナタ」 嬰ト短調/piano soloの関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学オールコックカンドウ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android