コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウナムーノ ウナムーノ Unamuno, Miguel de

3件 の用語解説(ウナムーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウナムーノ
ウナムーノ
Unamuno, Miguel de

[生]1864.9.29. ビルバオ
[没]1936.12.31. サラマンカ
スペインの哲学者,文学者。マドリード大学で哲学を修め,1891年サラマンカ大学ギリシア語教授,1901年同大学総長となる。 24年,ファシスト政権樹立を攻撃して追放され,パリへ亡命。 30年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウナムーノ(Miguel de Unamuno y Jugo)

[1864~1936]スペインの思想家・小説家・詩人。人格の不滅を説いて思想界に強い影響を与えた。論文「生の悲劇的感情」、小説「」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウナムーノ
うなむーの
Miguel de Unamuno y Jugo
(1864―1936)

スペインの思想家、作家。「1898年の世代」を代表する。9月29日、北東部の工業都市ビルバオのバスク系の家庭に生まれる。マドリード大学卒業後しばらく故郷で教師をしたが1891年サラマンカ大学のギリシア語教授となる。長編小説『戦争の中の平和』(1897)や『幼少年期の思い出』(1908)にみられるような緑濃き故郷バスク地方の自然と、生涯の大部分を過ごすこととなる荒涼たるカスティーリャ地方のそれとのコントラストは、彼の思想形成に大きく影響している。すなわち「1898年の世代」の他の作家たちの場合と同じく、彼にとってもカスティーリャは、発見され、いわば創造された風土であり、それゆえにこそスペイン再生のための理論的支柱たりえたのである。とりわけ『生粋(きっすい)主義をめぐって』(1895)にそれは明らかであり、グラナダ出身のA・ガニベの『スペインの理念』(1897)がイスラムやアフリカを視界に入れているのとは好対照を示している。ウナムーノは初めヨーロッパ近代に対して肯定的な見解をもっていたが、1897年の彼自身の精神的な危機、そして翌1898年のアメリカ・スペイン戦争敗北を経て、反近代、反理性主義的な傾向を強めていく。そうした彼のキルケゴール的、実存主義的な思想が一つのまとまりをみせるのが、主著『ドン・キホーテとサンチョの生涯』(1905)である。実生活においても、1900年以来務めた大学総長の職を、1914年には政治的な理由から罷免され、さらに1924年には独裁者プリモ・デ・リベラによって国外に追放されるなど多難であったが、そのためにかえって『生の悲劇的感情』(1913)の思想家として、スペインのみならずヨーロッパ諸国に愛読者をもつに至った。また彼は哲学的エッセイのみならず、『霧』(1914)、『三つの模範小説と序』(1916)などの小説、『ベラスケスのキリスト』(1920)などの詩と、多方面にその才能を発揮した。1936年12月31日、サラマンカで死去。[佐々木孝]
『A・マタイス他編、佐々木孝他訳『ウナムーノ著作集』全5巻(1972~1975・法政大学出版局) ▽佐々木孝著『ドン・キホーテの哲学――ウナムーノの思想と生涯』(講談社現代新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウナムーノの関連キーワードビルバオN割羽織ビルボホホバオイルビルバルータバオッキーバオップビルバオの鏡ビルト,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone