コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクーグシュルコゴーデン スクーグシュルコゴーデン Skogskyrkogården

2件 の用語解説(スクーグシュルコゴーデンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スクーグシュルコゴーデン(Skogskyrkogården)

《「森の墓地」の意》スウェーデンストックホルム南郊にある共同墓地。森林の中に墓地と葬祭場が配置されている。1915年に行われた新墓地建設の国際コンペで、スウェーデンの建築家アスプルンドとレーベンツによって提出され、採用されたもの。1994年、世界遺産文化遺産)に登録された。スコースキュアコゴーデン。スコーグスシュルコゴーデン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

スクーグシュルコゴーデン【スクーグシュルコゴーデン】

1994年に登録されたスウェーデンの世界遺産(文化遺産)。首都ストックホルム南部のエンシェデにある森林墓地である。この墓地は1917年から1920年にかけて、ストックホルムの都市化の進行で、不足していた墓地を確保するために、スウェーデンの著名な建築家エリック・グンナル・アスプルンド(1885~1940年)と、彼のパートナーのシーグド・レーヴェレンツ(1885~1975年)の設計により、砂利採石場の跡地を含む森林に建設された。この2人の設計者は国際コンペにより選ばれ、そのコンペの際に彼らが提案した立方体の形をした礼拝堂、森の火葬場や周囲の森林と一体化した墓地が残されている。その後の墓地・墓園設計の手本となったこの墓地の主要施設で、彼らの代表作ともいえる森の火葬場は、コンペの結果が発表されてから1940年に竣工するまで、25年間にわたり設計と施工が続けられたことでも知られている。◇英名はSkogskyrkogården

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクーグシュルコゴーデンの関連キーワードスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡カールスクローナ軍港スウェーデン門スウェーデン室内管弦楽団スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎ノルウェー・クローネスウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone