スクーグシュルコゴーデン(英語表記)Skogskyrkogården

デジタル大辞泉の解説

スクーグシュルコゴーデン(Skogskyrkogården)

《「森の墓地」の意》スウェーデン、ストックホルム南郊にある共同墓地。森林の中に墓地と葬祭場が配置されている。1915年に行われた新墓地建設の国際コンペで、スウェーデンの建築家アスプルンドとレーベンツによって提出され、採用されたもの。1994年、世界遺産(文化遺産)に登録された。スコースキュアコゴーデン。スコーグスシュルコゴーデン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

スクーグシュルコゴーデン【スクーグシュルコゴーデン】

1994年に登録されたスウェーデンの世界遺産(文化遺産)。首都ストックホルム南部のエンシェデにある森林墓地である。この墓地は1917年から1920年にかけて、ストックホルムの都市化の進行で、不足していた墓地を確保するために、スウェーデンの著名な建築家エリック・グンナル・アスプルンド(1885~1940年)と、彼のパートナーのシーグド・レーヴェレンツ(1885~1975年)の設計により、砂利採石場の跡地を含む森林に建設された。この2人の設計者は国際コンペにより選ばれ、そのコンペの際に彼らが提案した立方体の形をした礼拝堂、森の火葬場や周囲の森林と一体化した墓地が残されている。その後の墓地・墓園設計の手本となったこの墓地の主要施設で、彼らの代表作ともいえる森の火葬場は、コンペの結果が発表されてから1940年に竣工するまで、25年間にわたり設計と施工が続けられたことでも知られている。◇英名はSkogskyrkogården

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android