スジコナマダラメイガ

栄養・生化学辞典の解説

スジコナマダラメイガ

 [Mangasta kuehniella].製粉工場にいる昆虫.生産する粘性のある糸によって製粉機械の運転を障害することがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジコナマダラメイガ
すじこなまだらめいが / 条粉斑螟蛾
mediderranean flour moth
[学]Ephestia kuehniella

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属する昆虫。はねの開張20ミリメートル内外。前翅は灰色、基部近くと外縁近くに鋸歯(きょし)状の白線があり、淡黒色で縁どられている。後翅は白色、半透明。幼虫が乾燥食品の害虫で、ほとんど世界中に分布している。日本では近年になってから、近畿地方を中心に小規模な製粉工場で発生をみるようになり、各地に広がっているほか、輸入麦の倉庫などでもしばしば発見される。幼虫は小麦粉、ふすま、そば粉、乾果など非常に多くの食品を食べる。年4回の発生で、幼虫態で越冬する。現在は発生場所が少ないが、屋内害虫として重要である。野外で採集された記録は、日本ではまだ一度もない。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android