スタン シャフリル(英語表記)Sutan Sjahair

20世紀西洋人名事典の解説

スタン シャフリル
Sutan Sjahair


1909 - 1966
インドネシアの政治家。
元・インドネシア首相。
西スマトラ生まれ。
ハッタと同じミナンカバウ族出身で、20歳でライデン大学に留学。帰国後はハッタとともにインドネシア民族教育協会を指導。1945年政治宣言「われらの闘争」を発表し、スカルノを批判。同年末から’47年にかけて首相、外相の要職に就き、オランダとの外交交渉を進める。’48年にはインドネシア社会党を結成、党首となり、その後も知識人の支持を得たが、スカルノから敵対視される。’62年に逮捕後、亡命先のスイスで客死し、死後「民族独立英雄」の称号を贈られる。著書に「流刑地から」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android