スターリング城(読み)スターリングじょう

世界の観光地名がわかる事典「スターリング城」の解説

スターリングじょう【スターリング城】

イギリスのスコットランドスターリング(Stirling)にある古城。かつてスコットランド王国の首都だったスターリング旧市街近くにあり、キャッスルヒルと呼ばれる断崖岩山の上に建つ、スコットランドで最も壮大なである。12世紀に建てられ、スチュアート王家の居城として使われた。13世紀にスコットランドに侵攻したイングランド王エドワード1世は、この城を包囲した。ジェームス4世のゲストハウス、ジェームス5世のルネサンス宮殿、メアリー女王の息子のジェームス6世のチャペルロイヤルなど、現在の城の主要な建築物は、15~16世紀にかけて建造されたものである。1800年にイギリス軍の施設となり、1964年まではアーガイル・アンド・サザランド・ハイランダーズ連隊(イギリス軍)の連隊本部と兵舎となっていた。城内には同連隊の博物館がある。現在は文化財保護団体のヒストリックスコットランドが管理している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「スターリング城」の解説

スターリング‐じょう〔‐ジヤウ〕【スターリング城】

Stirling Castle》英国スコットランド中部の都市スターリングの旧市街にあるルネサンス様式の城。古くからなどが築かれた岩山の上にある。現在見られる建物は15世紀から16世紀にかけて建造されたもの。女王メアリー=スチュアート戴冠式が行われた城として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android