コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティクス スティクス Styx

翻訳|Styx

2件 の用語解説(スティクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティクス
スティクス
Styx

ソ連海軍が 1956年に運用を開始した有翼式艦対艦巡航ミサイル。正式名は SS-N-2スティクス。 67年 10月 21日,エジプト海軍のオサ級ミサイル哨戒艇がアレクサンドリア港外で発射したスティクス・ミサイルがイスラエル海軍駆逐艦『エイラート』を撃沈し,各国海軍に大きな衝撃を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティクス
すてぃくす
Styx

ギリシア神話の冥府(めいふ)を流れる川の名、またその女神。その渡し守がカロン。オケアノスとテテュスの娘で、ティタン族のパラスと結婚し、ゼロス、ニケ、クラトス、ビアを生む。またゼウスと交わってペルセフォネを、さらにペイラスとの間に怪物エキドナをもうけたともいわれる。ゼウスがティタン族と戦ったとき、子供たちとともに最初にゼウスに加担した功績から、神々は彼女の水にかけて誓言することが決められた。
 実際にもこの名を冠する川があり、その水にかけて誓いがなされた。アルカディアのケルモス山に水源をもつスティクス川がそれで、この河水は有毒とされ、アレクサンドロス大王が飲んで中毒死したという伝承もある。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティクスの関連キーワード海軍陸戦隊ゴルシコフ宗谷ふげんすかいらーくロコンド開設開祖安否情報システム情報通信基盤整備(光ファイバー敷設)事業

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティクスの関連情報