コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティクス Styx

翻訳|Styx

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティクス
Styx

ソ連海軍が 1956年に運用を開始した有翼式艦対艦巡航ミサイル。正式名は SS-N-2スティクス。 67年 10月 21日,エジプト海軍のオサ級ミサイル哨戒艇がアレクサンドリア港外で発射したスティクス・ミサイルがイスラエル海軍駆逐艦『エイラート』を撃沈し,各国海軍に大きな衝撃を与えた。以後各国海軍は艦対艦巡航ミサイルの開発に取組むようになった。誘導方式はセミアクティブ・レーダ式の無線誘導またはオートパイロット。主要目は,射程 42km,速度マッハ 0.9,全長 6.55m,直径 78cm,翼長 2.4m,発射重量 2.3t,推進方式固体ブースター付き液体燃料ロケット,弾頭は近接信管付き 513kg。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティクス
すてぃくす
Styx

ギリシア神話の冥府(めいふ)を流れる川の名、またその女神。その渡し守がカロン。オケアノスとテテュスの娘で、ティタン族のパラスと結婚し、ゼロス、ニケ、クラトス、ビアを生む。またゼウスと交わってペルセフォネを、さらにペイラスとの間に怪物エキドナをもうけたともいわれる。ゼウスがティタン族と戦ったとき、子供たちとともに最初にゼウスに加担した功績から、神々は彼女の水にかけて誓言することが決められた。
 実際にもこの名を冠する川があり、その水にかけて誓いがなされた。アルカディアのケルモス山に水源をもつスティクス川がそれで、この河水は有毒とされ、アレクサンドロス大王が飲んで中毒死したという伝承もある。[丹下和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スティクスの関連キーワードスタンダード&プアーズ(Standard & Poor's)S&P(Standard & Poor's)オシレーター(Oscillator)ビジネス・プロセス・アウトソーシングトライネット・ロジスティクスヤマトホールディングス(株)オシレーター系・トレンド系インストアロジスティクスブルース ディッキンソン三井倉庫ロジスティクス三菱電機ロジスティクス三菱商事ロジスティクスカロン(ギリシア神話)ヤマトロジスティクス伊藤忠ロジスティクスラテン文学史(年表)マツダロジスティクスロークレマティックス国際マーケティングヒューリスティクス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android