ステティニアス(英語表記)Stettinius, Edward Reilly, Jr.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステティニアス
Stettinius, Edward Reilly, Jr.

[生]1900.10.22. シカゴ
[没]1949.10.31. コネティカット,グリニッチ
アメリカの実業家,政治家。バージニア大学卒業。ゼネラル・モーターズ社を経て,1937年ユナイテッド・ステーツ・スチールの取締役会長。 F.ルーズベルト大統領のもとで軍需資源委員会委員長 (1939) ,武器貸与局長 (41~43) ,国務次官 (43) ,国務長官 (44) を歴任。国際連合の創設に尽し,ヤルタ会談,ダンバートン・オークス会談で重要な役割を果した。 45年初代の国連総会アメリカ代表となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android