コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス7世(8世) ステファヌスななせい[はっせい]Stephanus VII (VIII)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス7世(8世)
ステファヌスななせい[はっせい]
Stephanus VII (VIII)

[生]?. ローマ
[没]931.2. ローマ
ローマ出身の第124代教皇在位 928~931)。司祭枢機卿(→カーディナル)としてローマで熱心に働き,928年12月に教皇レオ6世(在位 928.5.~12.)の後継者として登位した。教皇選挙には,当時教皇位を支配していた有力貴族テオフィラクツスの娘で元老院議員だったマロツィアの影響があったと考えられる。イタリアとフランスの修道院にまで特権を拡大したが,これ以外の業績はほとんど記録が残っていない。暗殺されたとする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステファヌス7世(8世)の関連キーワード承平ヨハネス11世減る古書店舗六甲ケーブル芦屋川宇多天皇延長承平承平天慶の乱六甲山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android