ステファヌス7世(8世)(読み)ステファヌスななせい[はっせい](英語表記)Stephanus VII (VIII)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス7世(8世)
ステファヌスななせい[はっせい]
Stephanus VII (VIII)

[生]?. ローマ
[]931.2. ローマ
ローマ出身の第124代教皇在位 928~931)。司祭枢機卿(→カーディナル)としてローマで熱心に働き,928年12月に教皇レオ6世(在位 928.5.~12.)の後継者として登位した。教皇選挙には,当時教皇位を支配していた有力貴族テオフィラクツスの娘で元老院議員だったマロツィアの影響があったと考えられる。イタリアとフランスの修道院にまで特権を拡大したが,これ以外の業績はほとんど記録が残っていない。暗殺されたとするもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android