ステラーカイギュウ(読み)すてらーかいぎゅう(英語表記)Steller's sea cow

日本大百科全書(ニッポニカ)「ステラーカイギュウ」の解説

ステラーカイギュウ
すてらーかいぎゅう
Steller's sea cow
[学] Hydrodamalis gigas

哺乳(ほにゅう)綱海牛ジュゴン科の海産動物。形はジュゴンに似るが、大形で体長9~11メートルに達する。吻(ふん)端以外は無毛で、体は灰褐色。ベーリング海西部の浅海で海草を食べて群生していた。1741年にベーリング探検隊によりコマンドルスキー諸島で発見されて以後、食用に乱獲され、1768年までに絶滅したとみなされている。しかし、その後も1962年まで散発的には発見の報告があった。

[大隅清治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android