コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステロイドミオパシー すてろいどみおぱしー

家庭医学館の解説

すてろいどみおぱしー【ステロイドミオパシー】

 クッシング症候群原発性(げんぱつせい)アルドステロン症などで副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(ステロイド)の分泌が過剰になると、筋力が低下したり、筋肉が萎縮(いしゅく)してきたりします。
 このような、副腎皮質ホルモンの分泌が過剰であることが原因でおこる筋肉の異常を、ステロイドミオパシーといいます。
 このような症状は、副腎皮質ホルモンを長期間にわたって服用していたときにもおこります。
 なお、ミオパシー(ミオパチー)とは、筋肉の異常や病気を表わすことばです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android