ステロイドミオパシー(読み)すてろいどみおぱしー

家庭医学館の解説

すてろいどみおぱしー【ステロイドミオパシー】

 クッシング症候群原発性(げんぱつせい)アルドステロン症などで副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(ステロイド)の分泌が過剰になると、筋力が低下したり、筋肉が萎縮(いしゅく)してきたりします。
 このような、副腎皮質ホルモンの分泌が過剰であることが原因でおこる筋肉の異常を、ステロイドミオパシーといいます。
 このような症状は、副腎皮質ホルモンを長期間にわたって服用していたときにもおこります。
 なお、ミオパシー(ミオパチー)とは、筋肉の異常や病気を表わすことばです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android