コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステロイドミオパシー すてろいどみおぱしー

1件 の用語解説(ステロイドミオパシーの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すてろいどみおぱしー【ステロイドミオパシー】

 クッシング症候群、原発性(げんぱつせい)アルドステロン症などで副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)の分泌が過剰になると、筋力が低下したり、筋肉が萎縮(いしゅく)してきたりします。
 このような、副腎皮質ホルモンの分泌が過剰であることが原因でおこる筋肉の異常を、ステロイドミオパシーといいます。
 このような症状は、副腎皮質ホルモンを長期間にわたって服用していたときにもおこります。
 なお、ミオパシーミオパチー)とは、筋肉の異常や病気を表わすことばです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ステロイドミオパシーの関連キーワードクッシング症候群ダンピング症候群カッシング病原発原発性免疫不全症候群突発性発疹原発性無月経先天性免疫不全症候群クッシング病クッシング症候群 (Cushing syndrome)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone