コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステージ理論 ステージりろんStage Theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステージ理論
ステージりろん
Stage Theory

アメリカの R. L.ノーランが提唱した考え方で,企業の組織論から見た情報システムの発展段階説。具体的には,成長のプロセスを創始→普及→統制統合構築→成熟の6つのステージに分けている。自社の情報システムがどの段階にあるかを確認し,無理なく次のステージへと進めていこうというもの。現在,日本の企業の 80%は統制 (コントロール) から統合 (インテグレーション) の段階にあり,今後は情報システム全体の統合を図る次の段階──構築 (アーキテクチャー) に進むであろう。これはアメリカに比べて5年ほど遅れているといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android