コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステージ理論 ステージりろんStage Theory

1件 の用語解説(ステージ理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステージ理論
ステージりろん
Stage Theory

アメリカの R. L.ノーランが提唱した考え方で,企業の組織論から見た情報システム発展段階説。具体的には,成長のプロセスを創始→普及→統制→統合→構築→成熟の6つのステージに分けている。自社の情報システムがどの段階にあるかを確認し,無理なく次のステージへと進めていこうというもの。現在,日本の企業の 80%は統制 (コントロール) から統合 (インテグレーション) の段階にあり,今後は情報システム全体の統合を図る次の段階──構築 (アーキテクチャー) に進むであろう。これはアメリカに比べて5年ほど遅れているといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone