コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストック化 ストックか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストック化
ストックか

家計,企業,政府などの経済主体が所有する資産残高が増加し,その保有や取引の経済全体に与える影響が高まっていくこと。バブル経済下の日本経済の特徴を表す一つの用語として『平成元年度・経済白書』に使われた。当時,総資産残高が大幅に拡大していたことは事実であったが,金融資産は裏側に金融負債があるとともに,実物資産地価の名目的な上昇によるところが大きく,国民生活の豊かさに直接結び付く実質的なストック化ではなく,事実バブルの崩壊によってそれらのほとんどは不良債権となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ストック化の関連キーワードストック・フロー比率ストック経済

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android