ストック・ポイント(英語表記)stock point

世界大百科事典 第2版の解説

ストック・ポイント【stock point】

貨物輸送において貨物を一時的に保管したり,輸送を中継したりする機能をもつ保管場所のこと。貨物の保管場所としては,古くから倉庫(庫裏などとよばれた),野積場,上屋,貯木貯炭場などがあるが,これらは二つの役割をもっていた。その一つは,海上輸送陸上輸送を中継する例にみられるように異種交通機関相互の連絡,中継をする機能である。このような機能をはたすため倉庫の多くは港湾の中にあることが多く,の周辺にある倉庫は港頭倉庫と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android