コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スネレン Hermann Snellen

世界大百科事典 第2版の解説

スネレン【Hermann Snellen】

1834‐1908
オランダの眼科医。ユトレヒト大学で医学を学び,1858年,オランダ眼科病院助手となり,診療のかたわら眼科学の研究に従事した。62年,視力検査法を考案,名声をあげ,77年,母校の眼科学教授となった。眼瞼内反,眼瞼外反手術やスネレン手術といわれる眼瞼下垂症の手術などの業績がある。【松田 広】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スネレン
すねれん
Herman Snellen
(1834―1908)

オランダの眼科学者。ユトレヒト大学を卒業して医師となり、眼科学をドンデルスF. C. Donders(1818―1889)に師事して学び、多くの眼生理学的研究業績をあげた。とくに、試視力表の研究は有名で、日本へは明治初年輸入され、1884年(明治17)青木純造はこれに倣って「斯氏試視力表(二脚鉤形表)」を考案し、これは広く使用され、1889年再版された。師ドンデルスの女婿(じょせい)で、その後を継いでユトレヒト大学眼科学教授となった。[福島義一]
『山賀勇著『世界眼科史と日本眼科史』(『日本眼科全書 第1巻』1954・金原出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スネレンの関連キーワードアイントホーフェンヘルマン スネレン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android