コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパファリー スパファリーSpafarii, Nikolai Gavrilovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スパファリー
Spafarii, Nikolai Gavrilovich

[生]1636. ミレシュティ
[没]1708. モスクワ
モルドバ生まれの著作家,旅行家,学者。本名 Nicolae S.Milescu。土地の支配者のもとで傭兵隊長を務めたが,1668年の宮廷革命の失敗後,1671年ロシアのモスクワに移り,N. G. Spafariiと名のって使節局の通訳を務めた。 1675~78年,ロシアの使節として北京に派遣されたが,典礼問題で折り合わず,使命を達成することができなかった。しかし彼の旅行記は当時のシベリア,中国の事情を伝えるものとして貴重な資料となっている。報告書は J.バドリによって"Russia,Mongolia,China"として 1919年に英訳されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スパファリー【Nikolai Gavrilovich Spafarii】

1636‐1708
モルドバの貴族出身の文人,人文主義者。ロシア皇帝に仕える以前は,本名ミレスクNicolae Milescuの名で知られる。イスタンブールのギリシア正教付属アカデミーで学んで帰国したが,のちモルドバ公に対する陰謀のかどで追放され,ドイツ,フランス,スウェーデン,ロシアで亡命生活を送った。その間に東方教会の神学論などの著作をあらわし,また1675‐78年にはロシア皇帝の外交使節として北京を訪れ,沿道の地理・風俗に関する詳細な観察を含む《中国旅行記》を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスパファリーの言及

【ルーマニア】より


[16~19世紀]
 現存するルーマニア語最古の文献は16世紀前半のもので,16世紀後半には聖書をはじめ宗教文献の翻訳・出版が盛んになった。17~18世紀には,人文主義的教養を身につけ国際的舞台で活躍したミレスク(ロシア名スパファリー),カンテミールのような文人が出,また多くの年代記が編纂された。トランシルバニアでは,18世紀後半からラテン系民族としての自覚と民族文化の復興を呼びかけた言語学者・歴史家のグループが活躍し,彼らはトランシルバニア学派と呼ばれた。…

※「スパファリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スパファリーの関連キーワードルニャールダオメー王国ダオメー王国マゼーパフリードリヒ2世伊達宗純スパファリーミレスクスウェーデン文学宗旦四天王

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android