コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピハルスキ スピハルスキ Spychalski, Marian

2件 の用語解説(スピハルスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピハルスキ
スピハルスキ
Spychalski, Marian

[生]1906.12.6. ウッチ
[没]1980.6.7. ワルシャワ
ポーランドの建築家,政治家。 1931年共産党に入党。 37年ワルシャワ発展計画案でパリ万国博覧会の大賞を受賞。第2次世界大戦中対独抵抗運動を指導,45~48年人民軍参謀総長,国防次官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピハルスキ
すぴはるすき
Marian Spychalski
(1906―1980)

ポーランドの政治家。ウッチ生まれ。ワルシャワ高等工業学校卒業。1931年に共産党に加入。1937年にワルシャワ開発計画に関しパリ国際博覧会で金賞を受けた。第二次世界大戦中対独抵抗闘争に参加、1945年に党政治局員兼ワルシャワ市長となったが、1949年にゴムルカとともに民族主義者として党を追われ、拘禁された。1956年6月名誉回復、11月に国防相に就任、1968~1972年に国家評議会議長を務めた。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピハルスキの関連キーワードウッジうっちゃり打っ遣らかす打っ遣るうっちゃれ五所瓦ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語パタチッチウッド,N.ヒンシェルウッド,C.N.打っ棄る

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone