スピンアウト

産学連携キーワード辞典「スピンアウト」の解説

スピンアウト

「スピンアウト」とは、スピンオフと同様、ある企業が社内の1部門を切り離し、1企業として分離独立させることを指すが、分離元の企業と完全に関係が切れてしまう場合に利用することが多い。「スピンアウト」企業は、スピンオフ企業と比べて、企業元のブランド、販売チャネルなどの資産を活用することができない点が不利と言える。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「スピンアウト」の解説

スピン‐アウト

〘名〙 (spinout)
① 個人あるいは複数仲間組織から飛び出し、独立の小規模組織をつくること。新しい企画や技術開発などが所属する企業に受け入れられない場合などに多い。スピンオフとも。
自動車レースで、車が回転してコース外に飛び出すこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「スピンアウト」の解説

スピンアウト(spinout)

個人あるいは複数の仲間がある組織からとび出し、独立の小規模組織をつくること。スピンオフ。
自動車がスピンして道路から外に出ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android