コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピンエコー spin echo

世界大百科事典 第2版の解説

スピンエコー【spin echo】

核磁気共鳴(核スピン共鳴)または電子スピン共鳴を観測するための一方法として利用される現象。最もよく利用される方法では,静磁場中のスピンに回転座標系内で磁化を90度倒すような高周波入射(90度パルス)し,t秒後に180度パルスをかけると,そのt秒後(初めのパルスから2t秒後)に位相が一致して自由誘導減衰が観測される。第1のパルスによって開始された信号が第2のパルスによって逆行して出発点に戻る様子がエコー(こだま)に似ているところからこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スピンエコーの関連キーワードフォトンエコー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android