コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピンエコー spin echo

1件 の用語解説(スピンエコーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スピンエコー【spin echo】

核磁気共鳴(核スピン共鳴)または電子スピン共鳴を観測するための一方法として利用される現象。最もよく利用される方法では,静磁場中のスピン回転座標系内で磁化を90度倒すような高周波を入射(90度パルス)し,t秒後に180度パルスをかけると,そのt秒後(初めのパルスから2t秒後)に位相が一致して自由誘導減衰が観測される。第1のパルスによって開始された信号が第2のパルスによって逆行して出発点に戻る様子がエコー(こだま)に似ているところからこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スピンエコーの関連キーワード核磁気共鳴スピン共鳴生物物理学電子スピン共鳴NMRCT核磁気共鳴吸収法核磁気共鳴像核磁気共鳴分析法電子共磁性共鳴オーヴァーハウザー効果

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone