コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気緩和 じきかんわmagnetic relaxation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気緩和
じきかんわ
magnetic relaxation

物質の磁気モーメント系が磁気共鳴時に,ある熱平衡状態に到達するまでに時間的な遅れが現れる現象。磁気モーメントの量子化軸方向の緩和を縦緩和と呼び,その特性時間はスピン系と格子系の間のエネルギー交換の緩和時間で,スピン-格子緩和時間により示される。また量子化軸に垂直方向の横緩和時間はスピン系内でのエネルギー交換の緩和時間で,スピン-スピン緩和時間により示される。磁気緩和は現象論的にブロッホ方程式で示される。磁気緩和の緩和時間は磁気共鳴吸収の線形や線幅と密接に関係している。スピン-エコー法による緩和時間の測定は物性研究に広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきかんわ【磁気緩和 magnetic relaxation】

物質の磁気的状態が熱平衡状態に達するのに有限な時間を要することおよびそのために示される現象。物質中の非常に多数の電子,または原子核の磁気モーメントの集りからなる磁気的な系を考える。ある磁場と温度でのもっとも安定な状態が熱平衡状態であり,系の状態が熱平衡状態からずれているときはその系は安定な熱平衡状態へ向かって変化することになる。それにつれて熱平衡状態での値からずれていた物理的な量も熱平衡状態の値に向かって変化をする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の磁気緩和の言及

【緩和現象】より

…この場合,実際上重要になるのは外部電場が一定の周期で振動する場合であって,このとき誘電率は複素数の形で与えられ,その虚数部分は,電場のエネルギーが物質に吸収され熱となって拡散する誘電損失を表す。(2)磁気緩和 物質の磁化が,外部の磁場の変化に対して新たな平衡状態になるまでに有限の時間を要する現象。常磁性を示す物質は,古典的に考えれば,磁気モーメントをもつ分子の集団とみなしてよいから,一定の周波数で振動する磁場の下では帯磁率は誘電緩和の場合の誘電率と同様に複素数で与えられ,その虚数部分は,単位体積の試料が単位時間に吸収するエネルギーを表す。…

※「磁気緩和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁気緩和の関連キーワードパーセル(Edward Mills Purcell)ブレンベルゲンコリンハ機構常磁性共鳴FTNMR

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android