コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピール Spire, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピール
Spire, André

[生]1868
[没]1966
フランスの詩人。ユダヤ系。アベイ派に属する。詩集『秘密』 Le Secret (1919) ,評論『ユダヤ人と半ユダヤ人』 Quelques juifs et demi-juifs (28) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピール
すぴーる
Andr Spire
(1868―1966)

フランスの詩人。フランス東部の富裕なユダヤ人家庭に生まれる。若くして法学博士となり、官吏として優秀な業績をあげるかたわら、ドレフュス事件を初めとするヨーロッパのユダヤ人迫害の風潮に怒り、これと戦うため各種の社会運動に参加。1903年に処女詩集『現在の都市』La Cit prsenteを発表して以来、『ユダヤ詩集』(1908)、『ロアール詩編』(1929)など多くの詩集を残した。[稲田三吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スピールの関連キーワードランフランコ デットーリC.トーマス ハウエルフィリップ カウフマンジョン リス・デービスウーピ ゴールドバーグコヨーテ ピーター牧野 義雄マンデル酸7月28日ラヴィア岩サリチル酸新体詩抄コクトー稲田三吉うおのめ原 撫松膏薬たこ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android