スフォルツァ城(読み)スフォルツァジョウ

デジタル大辞泉の解説

スフォルツァ‐じょう〔‐ジヤウ〕【スフォルツァ城】

Castello Sforzesco》イタリア北部、ロンバルディア州の都市ミラノにあるルネサンス様式の城。15世紀半ば、ミラノ公フランチェスコ=スフォルツァが、ビスコンティ家の居城を改築。レオナルド=ダ=ビンチも建築を手がけたとされる。内部にはミケランジェロによる未完の遺作「ロンダニーニのピエタ」像や、マンテーニャティントレットコレッジョらの絵画を所蔵する博物館がある。スフォルツェスコ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android