スフォルツァ城(読み)スフォルツァジョウ

デジタル大辞泉の解説

スフォルツァ‐じょう〔‐ジヤウ〕【スフォルツァ城】

Castello Sforzesco》イタリア北部、ロンバルディア州の都市ミラノにあるルネサンス様式の城。15世紀半ば、ミラノ公フランチェスコ=スフォルツァが、ビスコンティ家の居城を改築。レオナルド=ダ=ビンチも建築を手がけたとされる。内部にはミケランジェロによる未完の遺作「ロンダニーニのピエタ」像や、マンテーニャティントレットコレッジョらの絵画を所蔵する博物館がある。スフォルツェスコ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android