コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベシュタリのトラキア人墳墓 スベシュタリのトラキアじんふんぼThracian Tomb of Sveshtari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベシュタリのトラキア人墳墓
スベシュタリのトラキアじんふんぼ
Thracian Tomb of Sveshtari

ブルガリア北部ラズグラド州スベシュタリで 1982年に発掘されたトラキア王の墓所。前3世紀頃,当時この地を支配していたトラキア王が生前に造営を命じた墳墓で,墓所の入口は石灰岩で閉ざされ,盛り土をして小さな丘となっていた。そのため玄室につながる羨道 (ドロモス) とその突き当たりにある玄室,手前にある小部屋二つが盗掘されずに残っていた。玄室には王と殉死した王妃の石棺が並べて安置されており,壁面にはそれを見守るように 10体の女性立像が取り付けられているほか,壁面上部には,女神に祝福される王を描いたフレスコ画も残る。トラキア文化と宗教を解明するうえで貴重な資料となっている。 1985年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android