コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羨道 せんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羨道
せんどう

「えんどう」とも読む。古墳で,主として遺体を収容しておく玄室から,外部に通じる通路にあたる部分をいう。横穴式石室横穴にみられる。まれにはこの部分に遺体を安置することもある。副葬品の置かれている例がかなり多い。中国では墓道,甬道という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

羨道【せんどう】

横穴式石室

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

羨道

 横穴式石室[よこあなしきせきしつ]で、入口から玄室[げんしつ]または前室[ぜんしつ]へつながる通路の部分です。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんどう【羨道】

せんどう【羨道】

墳墓の入り口から、棺を納める玄室に至るまでの道。えんどう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の羨道の言及

【石室】より

…なお,弥生時代の終末には先駆的な形態のものが出現するが,小型,粗製で,古墳時代前期のものとは直ちに連続しない。 他方,横穴式石室は玄室と呼ぶ遺体を収める空間と,そこにいたる通路としての羨道(えんどう∥せんどう)よりなる。羨道が玄室前面の中央に付くものを両袖式,左右に偏するものを片袖式,両者の区別のないものを無袖式という。…

※「羨道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羨道の関連キーワードブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群吉見百穴(よしみひゃくあな)トゥトアンクアメンの墓観音塚古墳〈群馬県〉羨道(えんどう)羨道(せんどう)法恩寺山古墳群須曽蝦夷穴古墳ガブリニス島文殊院西古墳高井田横穴群鬼ノ窟古墳烏土塚古墳東宮山古墳金鈴塚古墳徳興里古墳梁山古墳群石舞台古墳猪の子古墳横田下古墳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羨道の関連情報