コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベルドルップ Harald Ulrik Sverdrup

大辞林 第三版の解説

スベルドルップ【Harald Ulrik Sverdrup】

1888~1957) ノルウェーの海洋学者。モード号や潜水艇ノーチラス号による北極海探検などに参加。アメリカのスクリップス海洋研究所長。著「海洋学」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スベルドルップ

ノルウェーの海洋学者,気象学者。オスロ大学卒。1918年―1925年にモード号による北極探検に参加,海洋循環に関する新理論などを提唱。1926年―1940年ベルゲン地球物理学研究所,クリスチャン・ミッケルセン研究所教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スベルドルップ【Harald Ulrik Sverdrup】

1888‐1957
ノルウェー生れの海洋・気象学者。オスロ大学で学位を得る。1918‐25年のモード号によるアムンゼンの北極海探険に参加。1926‐31年ベルゲン地球物理研究所教授を務める。この間,モード号観測の解析を進め,5巻の報告書にまとめる。1936年より12年間,アメリカのスクリップス海洋研究所長を務め,M.ジョンソン,R.フレミングとの共同で名著《海洋》(1942)を著し,多くの著名な海洋学者を育て,水中音響や波浪予報の研究を行い,同研究所隆盛の基礎を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スベルドルップの関連キーワードアールマン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android