コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマトラウサギ Sumatra short‐eared rabbit

世界大百科事典 第2版の解説

スマトラウサギ【Sumatra short‐eared rabbit】

ウサギ目ウサギ科の哺乳類。耳が短く,頭長の半分以下のウサギで,スマトラ島南西部の山地だけに分布。体長35~40cm,尾はほとんどなく,1.5cmほど。毛色は独特で,淡い黄灰色の地に暗褐色の細長い帯状の模様がある。山地(標高600~1400m)の熱帯降雨林にすみ,日中は林床の他の動物が掘った穴に隠れている。夜行性若芽,茎,葉を食べる。繁殖習性は知られていない。きわめてまれな種で標本が13点しかなく,近年は捕獲された記録がない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android