コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミソニアン協会ビル スミソニアンきょうかいビル

1件 の用語解説(スミソニアン協会ビルの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

スミソニアンきょうかいビル【スミソニアン協会ビル】

アメリカの首都ワシントンにある、スミソニアン博物館の本部。16の博物館国立動物園美術館からなる、世界最大の博物館の集合体のインフォメーションセンターである。協会は、1846年、イギリス人科学者のジェームズ・スミソンが「人類の知識の向上と普及」のためにアメリカに寄贈した資金により設立された。1億4200万点以上もの文化遺産や標本を所蔵・公開しており、特に指定がない限り、入場料は無料。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スミソニアン協会ビルの関連キーワードアメリカ国会議事堂アメリカの声ワシントン・ポストスミソニアン体制華盛頓シヌックナショナルモールワシントン記念塔スミソニアン・チェンバー・プレイヤーズワシントン・ポスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone