コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スメント Rudolf Smend

世界大百科事典 第2版の解説

スメント【Rudolf Smend】

1882‐1975
ドイツ公法学者,教会法学者。1911年以降グライフスバルト,チュービンゲン,ボン,ベルリンの各大学教授を歴任したが,35年ナチス政権によりベルリン大学を追われ,ゲッティンゲン大学に移籍した。統合Integrationの概念を国法学に応用した統合理論Integrationslehreの提唱者として有名。国家を,法律,裁判判決,行政活動等々の〈源〉たる静態的な存在としてではなく,〈絶えざる更新,再生産の過程(統合過程)の中にのみ存在する精神的現実〉として把握するところから出発するその動態的公法理論は,ワイマール期のドイツにおいて,一方でいわゆる法実証主義的公法学と厳しく対立するとともに,他方では同じく法実証主義批判の立場に立つカール・シュミットの決断主義等とも対立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスメントの言及

【統合】より

…そこで狭い意味では,利害や見解の対立を調整して,社会の秩序を維持する作用が統合と呼ばれる。今日では,社会の統合を政治の最も重要な機能とみる人々は少なくないが,比較的早い時期に統合の重要性を指摘したのは,ドイツの法学者R.スメントであった。スメントはナチズムに荷担する立場から,国家に強力な超個人主義的基礎を与えようとして,国家の統合力を神秘的な民族意思に求めた。…

※「スメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スメントの関連キーワードイェリネック(Georg Jellinek)smell harassmentソーシャルメディアハラスメントage harassmentプロダクト・プレースメントセクシャル・ハラスメントヒューマン・アセスメントセクシャルハラスメントソーシャルハラスメントアセスメントセンターモラル・ハラスメントモラルハラスメントアンダードッグ効果カール・シュミットリスクアセスメントバンドワゴン効果アイスフェルト環境影響評価法キルヒハイマーハラスメント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android