コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スメント Rudolf Smend

1件 の用語解説(スメントの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スメント【Rudolf Smend】

1882‐1975
ドイツの公法学者,教会法学者。1911年以降グライフスバルト,チュービンゲン,ボン,ベルリンの各大学教授を歴任したが,35年ナチス政権によりベルリン大学を追われ,ゲッティンゲン大学に移籍した。統合Integrationの概念を国法学に応用した統合理論Integrationslehreの提唱者として有名。国家を,法律,裁判判決,行政活動等々の〈源〉たる静態的な存在としてではなく,〈絶えざる更新,再生産の過程(統合過程)の中にのみ存在する精神的現実〉として把握するところから出発するその動態的公法理論は,ワイマール期のドイツにおいて,一方でいわゆる法実証主義的公法学と厳しく対立するとともに,他方では同じく法実証主義批判の立場に立つカールシュミット決断主義等とも対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスメントの言及

【統合】より

…そこで狭い意味では,利害や見解の対立を調整して,社会の秩序を維持する作用が統合と呼ばれる。今日では,社会の統合を政治の最も重要な機能とみる人々は少なくないが,比較的早い時期に統合の重要性を指摘したのは,ドイツの法学者R.スメントであった。スメントはナチズムに荷担する立場から,国家に強力な超個人主義的基礎を与えようとして,国家の統合力を神秘的な民族意思に求めた。…

※「スメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スメントの関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業早稲田大学EA-71世界女性会議超伝導木村伊兵衛写真賞井上純一伊藤咲子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スメントの関連情報