スモルコフスキーの式(英語表記)Smoluchowski's equation

法則の辞典の解説

スモルコフスキーの式【Smoluchowski's equation】

ブラウン運動*において,微粒子t 秒間に一定方向へと変位する距離を x とすると,この二乗の平均〈x2〉は次の式で与えられる.

ここで R は気体定数,T は絶対温度,η は媒質の粘度,Nアヴォガドロ定数*r は球形の微粒子の半径である.この式はスモルコフスキーがアインシュタインと独立に導出したものなので,アインシュタイン‐スモルコフスキーの式*と呼ばれることも多い.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android