コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラブ主義 スラブしゅぎslavyanophil'stvo

3件 の用語解説(スラブ主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラブ主義
スラブしゅぎ
slavyanophil'stvo

スラボフィル,スラブ派 slavyanofilyとも呼ばれる。 1830~70年代にロシアインテリゲンチアの一部でもてはやされた宗教的国粋主義的思潮。ヘーゲル哲学,特にその宗教的観念論的傾向を継承しつつ,またシェリング哲学に基づいてロシアの国民性の本質を探求し,それをピョートル1世以前の古き「聖なるロシア」に求めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スラブ‐しゅぎ【スラブ主義】

19世紀中葉のロシアに興った民族主義社会思想西欧主義に反対し、ロシアにはミール(農村共同体)を基盤とする独自の発展の道があると主張した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

スラブしゅぎ【スラブ主義】

一九世紀半ば、一部のロシア知識人の提唱した伝統主義的思想。西欧主義(ザーパドニキ)に反対してミール共同体制度を基盤とする、ロシア固有の社会発展を主張した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のスラブ主義の言及

【モスクワ】より

…貴族たちは依然としてこの地に居をかまえ,西欧的・開明的かつ官僚的なペテルブルグに対して,古いロシアの伝統に根ざした独自の気風をつちかった。ピョートルによる西欧化政策を批判し,モスクワ時代の家父長的な国家社会体制を理想とするスラブ主義が,主としてモスクワに住む貴族インテリゲンチャによって提唱されたのも偶然ではない。 1812年ナポレオンの率いる大軍の来襲に際しては,住民の大部分が町を退去して抵抗し,折から起こった火災と冬の到来のために侵入軍はたちまち退却を余儀なくされた。…

※「スラブ主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone