コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリップウェア slipware

翻訳|slipware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリップウェア
slipware

装飾陶器一種。化粧がけ陶器ともいう。陶器の素地に泥漿釉 (スリップ) をかけいろいろな装飾文様を施した陶器。その最古作例は古くローマ時代にまでさかのぼるが,17世紀以来ドイツやイギリスにおいて盛んに作られた。また東欧中央アジアの民芸陶器にも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スリップウェア【slipware】

粘土と水を混ぜてクリーム状にしたスリップ(泥漿)で表面を装飾し焼成した陶器。広義には先史・古代以後,世界の各地で製作された彩文土器も含まれるが,一般には17~18世紀にイギリスの窯業地スタッフォードシャーの陶工トーマス・トフトやラルフ・トフトらがスリップで大きく人物や動物を描いた絵皿,もしくは器の表面全体に美しい網目や櫛目状の装飾を施した大皿やパイ皿をいう。これらはいずれも中世の伝統を受け継ぐ鉛釉の陶器で,比較的高温で焼成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスリップウェアの言及

【リーチ】より

…ことに戦後しばしば彼は日本で個展を開き,また民芸運動を目ざす柳宗悦や浜田庄司らと伝統的な地方の窯場を旅している。彼の作品は李朝の陶器や日本の民芸陶器を原点として,これにイギリス中世のガレナ釉による水さしや18世紀のスリップウェアの素朴な伝統を蘇生させることによって,失われた焼物の美に新たな生命を吹き込んだ。彼は作陶のかたわら数多くの著作を残したが,なかでも彼の《A Potter’s Book(陶工の本)》(1940)は西洋の陶芸家の聖典として広く読まれている。…

※「スリップウェア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スリップウェアの関連キーワードスタッフォードシャー焼トフト手

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スリップウェアの関連情報