コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルグート(英語表記)Surgut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルグート
Surgut

ロシア中部,西シベリア,ハントゥイマンシ自治管区の都市。ハントゥイマンシースクの東約 230km,オビ川中流部右岸に位置する。かつては水産物加工,製材が主産業であったが,1960年代オビ川沿岸のチュメン油田の開発により,採油中心地の一つとして知られるようになった。現在パイプラインがチュメン,オムスクトムスクの各方面へ延びている。チュメンの北東にあたり,鉄道で連絡。人口 30万6703(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルグート
するぐーと
Сургут Surgut

ロシア連邦中部、チュメニ州、ハンティ・マンシ自治区の都市。オビ川中流右岸の河港都市。人口27万6100(1999)。石油採掘業の中心地で、火力発電所、家屋建設業、製材業がある。1593年建設の柵(さく)(砦(とりで))に起源し、1950~60年代にこの州に石油と天然ガスの巨大な埋蔵が発見されてから急速に発達した。1965年に市となり、75年に鉄道でチュメニと連絡された。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android