コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルハンダリヤ州 スルハンダリヤSurkhandar'ya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルハンダリヤ〔州〕
スルハンダリヤ
Surkhandar'ya

ウズベキスタン南部の州。州都テルメズアムダリア中流部右岸の支流,スルハンダリヤ,シラバード両川の流域にあり,南境をなすアムダリアをへだててアフガニスタンに相対する。東をババタグ,北をギッサール,西をバイスンタウの各山脈に囲まれ,南のアムダリアに向って開けた地形で,これら山脈が冬季寒気団の南下を妨げるため,ウズベクで最も暖かい地域になっている。山地はステップ,平地は半砂漠地帯に入る。河谷の灌漑地帯で綿花,メロン,米,丘陵でオオムギ,コムギ,ブドウなどが栽培される。また半砂漠地帯でヒツジ,ヤギが飼育され,養蚕も行われる。主要鉱工業は採炭,採油,綿花洗浄,食品工業などである。スルハンダリヤ (川) に沿ってテルメズとタジキスタンのドゥシャンベを結ぶ鉄道が通る。面積2万 800km2。人口 133万 5900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スルハンダリヤ州の関連キーワードボイスンデナウ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android