コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムダリア アムダリア Amudar'ya

3件 の用語解説(アムダリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムダリア
アムダリア
Amudar'ya

古代名オクソス Oxos川,アラビア語ではジェイフーン Jayhun川。ウズベキスタントルクメニスタン両国の境界にほぼ沿って流れる中央アジアの大河。パミール高原東部,標高約 4900mの氷河に発し,アフガニスタンタジキスタンとの国境をなしながら西流するピャンジ川が,右岸にバフシ川を受けてアムダリア本流となり,トゥラン低地に出て北西に流れを変え,河口に面積1万 km2三角州をつくりながらアラル海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アム‐ダリア(Amu-Dar'ya)

ダリアトルコ語で川の意》中央アジア、ヒンズークシ山脈に源を発し、北西に向かって流れる大河。かつてはアラル海に注いだ。長さ約2500キロ。アム川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アムダリア【Amu-Dar'ya】

〔ダリアはトルコ語で川の意〕 中央アジアを流れる内陸河川。パミール高原に源を発し、北西流してトルクメニスタンとウズベキスタンを経てアラル海に注ぐ。流域は綿花の産地。長さ約2500キロメートル。アム川。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムダリアの関連キーワードアラビア湾アラブ人ヒクソスアラビア馬アラビア人アラビア数字アラブアラビア糊アラビアンライトアラビスト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アムダリアの関連情報