コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムダリア アムダリアAmudar'ya

3件 の用語解説(アムダリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムダリア
アムダリア
Amudar'ya

古代名オクソス Oxos川,アラビア語ではジェイフーン Jayhun川。ウズベキスタントルクメニスタン両国の境界にほぼ沿って流れる中央アジアの大河。パミール高原東部,標高約 4900mの氷河に発し,アフガニスタンタジキスタンとの国境をなしながら西流するピャンジ川が,右岸にバフシ川を受けてアムダリア本流となり,トゥラン低地に出て北西に流れを変え,河口に面積1万 km2三角州をつくりながらアラル海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アムダリア【Amu-Dar'ya】

〔ダリアはトルコ語で川の意〕 中央アジアを流れる内陸河川。パミール高原に源を発し、北西流してトルクメニスタンとウズベキスタンを経てアラル海に注ぐ。流域は綿花の産地。長さ約2500キロメートル。アム川。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アムダリアの関連情報