アムダリア(英語表記)Amudar'ya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムダリア
Amudar'ya

古代名オクソス Oxos川,アラビア語ではジェイフーン Jayhun川。ウズベキスタントルクメニスタン両国の境界にほぼ沿って流れる中央アジアの大河。パミール高原東部,標高約 4900mの氷河に発し,アフガニスタンとタジキスタンとの国境をなしながら西流するピャンジ川が,右岸にバフシ川を受けてアムダリア本流となり,トゥラン低地に出て北西に流れを変え,河口に面積1万 km2の三角州をつくりながらアラル海に注ぐ。ピャンジ川源流から河口までは全長 2540km,本流の長さは 1415km。流域面積 46万 5000km2。水源は氷河,雪によって養われるため,春から夏にかけて増水し,高水期には水位が1~3m高まる。山間を流れる上流部には多くの支流が流入し流量を増大させるが,トゥラン低地を流れる中・下流部には流入する支流がなく,アフガニスタン国境を離れてまもなくのムクルイでカラクム運河を左岸より分流するほか,多数の灌漑用水路を分岐させ,さらにクイズイルクム (キジルクム) 砂漠 (右岸) とカラクム砂漠 (左岸) の間を流れるため蒸発量も多く,河口にいたるまでの間にかなりの量の水を失う。河口からテルメズまでは航行可能であるが,河床が不安定で浅瀬が多いため,輸送量は少い。古代にはホラズム,ソグディアナバクトリアなどがこの流域に栄え,中世,近世にはアストラハンを経てロシアへ出る交通・通商路として利用された。沿岸主要都市はウズベキスタンのテルメズ,ウルゲンチヌクス,トルクメニスタンのケルキ,チャルジョウなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アムダリア【Amu-Dar'ya】

〔ダリアはトルコ語で川の意〕 中央アジアを流れる内陸河川。パミール高原に源を発し、北西流してトルクメニスタンとウズベキスタンを経てアラル海に注ぐ。流域は綿花の産地。長さ約2500キロメートル。アム川。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アムダリアの関連情報