コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルピキア スルピキアSulpicia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルピキア
Sulpicia

前1世紀のローマの女流詩人。エレゲイア 6編が現存。ローマの上流社会に生れ,メッサラの文芸サークルに属していたケリントスとの恋を歌った。作品は『チブルス全集』のなかに含まれて,今日に伝わっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルピキア
するぴきあ
Sulpicia

生没年不詳。紀元前1世紀後半のローマの女流詩人。メッサラの文学サロンに所属。短いエピグラム風の恋愛エレゲイア詩六編が『ティブルス全集』に収録されている。職業的詩人ではないため、かえって伝統に縛られず、恋の歓喜と苦悩を大胆な告白調で歌い上げている。ほかに、彼女の恋を主題とする作者不詳のエレゲイア詩五編も同じ全集に収められ、女性の細やかな心の動きが的確に描かれている。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスルピキアの言及

【ラテン文学】より

…特に顕著だったのはアウグストゥス帝の右腕ともいうべきマエケナスのサークルで,ウェルギリウス,ホラティウス,プロペルティウス,ウァリウスVarius,プロティウス・トゥッカPlotius Tuccaなど,ラテン文学を代表する詩人たちがマエケナスの援助を受けて,職業詩人として活躍し,時代精神の形成に貢献した。メッサラのサークルにはティブルスと,リュグダムスLygdamusやスルピキアSulpiciaが属した。みずから詩人および歴史家でもあったポリオPollioは,文人を集めて朗読会を催す習慣を作った。…

※「スルピキア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone