コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スローボール論争 すろーぼーるろんそう

1件 の用語解説(スローボール論争の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スローボール論争

2014年の第96回全国高校野球選手権大会で、南北海道代表校の投手が投じた推定速度50キロメートルのスローボールについて起きた論争。元アナウンサーがこのスローボールについて「投球術とは呼びたくない」とツイッター上で批判して炎上し、高校野球においてのスローボールの是非についての議論が起きていた。この論争について、米大リーグテキサス・レンジャース所属のダルビッシュ有投手が「自分としては一番難しい球だと思ってます。」と持論を展開。また、北海道日本ハムファイターズの栗山明監督が「勝つために知恵を振り絞っている。」と発言し、スローボールを擁護。この投球に関する是非は野球界のみならず、各界に及び、話題となった。

(2014-8-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スローボール論争の関連キーワード全国高等学校野球選手権大会日本高等学校野球連盟嶋清一全国高校野球選手権大会夏の選手権夏の甲子園全国高校軟式野球選手権大会女子野球第1回全国中等学校優勝野球大会甲子園大会

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone