コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スローボール論争 すろーぼーるろんそう

1件 の用語解説(スローボール論争の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スローボール論争

2014年の第96回全国高校野球選手権大会で、南北海道代表校の投手が投じた推定速度50キロメートルのスローボールについて起きた論争。元アナウンサーがこのスローボールについて「投球術とは呼びたくない」とツイッター上で批判して炎上し、高校野球においてのスローボールの是非についての議論が起きていた。この論争について、米大リーグテキサス・レンジャース所属のダルビッシュ有投手が「自分としては一番難しい球だと思ってます。」と持論を展開。また、北海道日本ハムファイターズの栗山明監督が「勝つために知恵を振り絞っている。」と発言し、スローボールを擁護。この投球に関する是非は野球界のみならず、各界に及び、話題となった。

(2014-8-20)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

スローボール論争の関連キーワード登録記念物田爪愛里あゆみくりかまきHAPPY緑友利恵加藤理恵葉加瀬太郎村上仁史鈴木とーる白濱亜嵐

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone