スワルトクランス遺跡(読み)スワルトクランスいせき(英語表記)Swartkrans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワルトクランス遺跡
スワルトクランスいせき
Swartkrans

南アフリカ共和国北東部のハウテン州クルーガーズドルプの北北西にある石灰岩の洞窟遺跡。近くのクロムドライ遺跡と同様,更新世前期の堆積層から猿人(パラントロプス)の化石骨が発見されたことで著名(→アウストラロピテクス類)。遺跡からはその後,テラントロプスという原人類の下顎骨も発見された。1999年周辺地域とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android