コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワルトクランス遺跡 スワルトクランスいせきSwartkrans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワルトクランス遺跡
スワルトクランスいせき
Swartkrans

南アフリカ共和国北東部のハウテン州クルーガーズドルプの北北西にある石灰岩の洞窟遺跡。近くのクロムドライ遺跡と同様,更新世前期の堆積層から猿人(パラントロプス)の化石骨が発見されたことで著名(→アウストラロピテクス類)。遺跡からはその後,テラントロプスという原人類の下顎骨も発見された。1999年周辺地域とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スワルトクランス遺跡の関連キーワードステルクフォンテーン遺跡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android