コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンマ・コントラ・ゲンティレス Summa contra gentiles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スンマ・コントラ・ゲンティレス
Summa contra gentiles

『対異教徒大全』と訳されるトマス・アクィナスの主著の一つ。 1259~67年の作。本書は基本的に次の4部に分けられる。 (1) 神の本質,(2) 被造物の性質,(3) 被造物が究極の目的へといたる運動,神の摂理の問題,(4) 理性的認識の可能性と限界などである。神に関するいくつかの真理 (三位一体秘跡,受肉,復活) の理解は人間的理性をこえたものである。自然的理性が理解しうるものは,神の存在そのものである。この書はイスラム圏に派遣された布教師の願いによって聖書の権威を認めない人々にあてて書かれたものであり,また大学をイスラム哲学から防衛するという意義をもっていたもので,一面においては確かに哲学全書的ではあるが,結局は「自然的理性は信仰の真理に反しえない」というトマス・アクィナスの神学的態度によって貫かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スンマ・コントラ・ゲンティレスの関連キーワード自然神学

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android