コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパー歌舞伎 スーパーかぶき

4件 の用語解説(スーパー歌舞伎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパー歌舞伎
スーパーかぶき

3世市川猿之助が創始した新作歌舞伎の一形式。伝統的な技法を使いながら,最新の舞台機構や照明設備などを駆使して,歌舞伎を現代的な演劇として見直す試み。スピードスペクタクルストーリーの3つの要素が,伝統的な歌舞伎にはないおもしろさを生み出し,新たな客層の獲得に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐かぶき【スーパー歌舞伎】

大がかりな外連(けれん)を取り入れたり、現代風の音楽や照明装置と組み合わせたりする新作歌舞伎。3世市川猿之助が昭和61年(1986)に創始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

スーパー歌舞伎

古典歌舞伎を現代にマッチした演劇にしようと現・三代目市川猿之助が創設した。一九八六年の「ヤマトタケル」が始まり。宙乗り、早替わりなどのけれん芸や現代風な音楽を導入したのが特徴。「オグリ」「オオクニヌシ」「八犬伝」「カグヤ」「新・三国志」などが上演され、今日の歌舞伎人気を一方で支える。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

スーパー歌舞伎

3代目市川猿之助が1986年に創始した現代風の歌舞伎。梅原猛の脚本による「ヤマトタケル」など、伝統的な歌舞伎の概念にとらわれない、最新の舞台機構、照明設備などを駆使した斬新な演出の歌舞伎を発表している。2014年からは「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」として、4代目市川猿之助独自の演目の上演が行なわれており、15年には人気マンガ「ワンピース」の上演で話題を呼んだ。

(2015-10-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーパー歌舞伎の関連キーワード女歌舞伎三木竹二遊女歌舞伎歌舞伎芝居歌舞伎役者旧劇叙事的演劇飯塚友一郎郡司正勝段助

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーパー歌舞伎の関連情報