スールーク(英語表記)Soulouque, Faustin Élie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スールーク
Soulouque, Faustin Élie

[生]1782? プティゴアーブ
[没]1867.8.6.
ハイチの大統領 (在任 1847~49) ,皇帝 (在位 49~59) 。黒人の家庭に生れる。満足な教育が受けられず,字が読めなかった。将軍であったが,1847年大統領に推され,49年帝制を宣してフォースタン1世と称した。多数の貴族をつくりドミニカの再征服を企図したが実現できず,59年軍のクーデターにより失脚,亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のスールークの言及

【乞食】より

…【阿部 謹也】
[イスラム社会]
 コーランは信者に対して〈その財産を,近親者,孤児,貧者,旅人,物乞い,奴隷の解放のために費やす〉べきことを繰り返し説いている。そのためイスラム社会ではこじき(スールークṣu‘lūk,ハルフーシュḥarfūsh)や貧者(ファキール)に対する自発的な喜捨(サダカ)が奨励され,施しは来世のために善行を積むことになるとみなされた。モスクに集まるこじきには入口のひさしで夜を過ごすことが認められ,礼拝を済ませた信者は,これらのこじきに相応の施しをすることが慣例となった。…

※「スールーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android